カテゴリー「篠ノ井線」の24件の記事

2018年1月 4日 (木)

久しぶりにロクヨン四重連

霜取電車を撮影した元旦、一番の狙いは新春名物ロクヨン四重連。

2014年正月を最後に、日中に走らず撮影出来ず残念な思いをしていました。
今年はホームの明かりを利用しようと明科駅で待機しました。

撮影者は私一人、聞こえる音は架線に止まっているカラスの糞の音...。

ブルサンの貨物が通過してまもなく、ロクヨン四重連がやって来ました。

201801013
篠ノ井線 明科駅

非常に珍しい広更色×2+大宮色×2。

せっかくのレアネタでしたが、明科駅のホームは思っていたよりかなり暗くて、感度をISO5000まで上げ、シャッター速度も低めの流し撮りをしましたが、四重連が判り難いし、ノイズはザラザラ...。

もう、来年への課題が出来てしまいました。

結果はイマイチでも新年早々30分程の間に、霜取り電車、EH200-1、EF64 4重連と立て続けにネタが撮れたのは良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

ブルサントップナンバー

元旦の霜取電車を撮影して間もなく、ホームには列車の入線を告げるアナウンス。
始発電車にはまだ早い時間だと思いながら、カメラを構えていると...。

201801012
篠ノ井線 明科駅

ブルサンのトップナンバーでした。

ノイズでザラザラですが、記録まで...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

初撮りは霜取り電車から

あけましておめでとうございます。
本年も湘南鉄道倶楽部の部室をよろしくお願いします。

今年の初撮りはここ4年間同じですが、霜取電車を。

201801011
篠ノ井線 明科駅

昨年までは明るさのある復路でしたが、都合により往路を撮影してみました。

その都合は後日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

北アルプスをバックに

今回のGWは遠出の予定がなかったので、自宅でゆっくり過ごして今日は甲種を撮ろうと思っていました。

しかし、諸事情により急遽長野に出掛ける事になりました。

撮影する気満々だったのに、ただ撮れないのは切ないので、ちょっとした隙間時間を見つけ、パチリ。

20170507_2
篠ノ井線 明科→田沢

ちょっと霞んでいますが、背後の残雪がある山々が北アルプスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

今年も霜取電車

今年は久しぶりにロクヨンの四重連が運転されるという話を聞き、定刻では長時間停車のある明科駅へ行きました。

早朝のため、まだ改札に電気が付いていなかたので、車の中で少し待っていると目の前をロクヨンが...。
明科駅に停車することもなく、通過してしまいました。

かなり意気消沈しましたが、別の機会に運を取っておくんだと無理に開き直り、初撮りは昨年同様の霜取電車に変更。

こちらは定刻通りにやって来ました。

20170101
篠ノ井線 田沢→平瀬信号所

気が早すぎますが、来年もロクヨン四重連が運行される事を祈るばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

初撮り2015

2014年までロクヨン4重連単、2015年はロクヨン重連+ブルサン、さて今年は4重連の復活はあり得るのか、それとも...と思いつつ明科駅へ。

明科駅には、いつものように鐵な方々らしき車の姿は1台だけ...。
不安を感じつつ、ホームを眺めていると、同業の方からお声掛けを頂きました。

その方のから、1本前のスジでロクヨンの重連単が篠ノ井に向かうのを南松本で見かけたきり、その後の動きがないとの情報を頂きました。

その方としばし待つも、定刻を過ぎてもロクヨンもブルサンも来る気配がないので単回は諦め、篠ノ井線冬の名物、霜取り電車に予定を変更し、平瀬信号所へ向かいました。

ちょっと地味な存在だけに同業者の姿はなく、一人さみしく待っていると、ゆっくりとクモヤがやって来て、丁度目の前で停車。

201601011
篠ノ井線 平瀬信号所

夜に雪が降ったお蔭で、まるで墨絵のような世界にクモヤ、何とも言えないいい感じ。

この停車時間を利用し、線路端に移動してパリチ。

201601012
篠ノ井線 平瀬信号所

なんとも贅沢な一人撮影会状態。

何コマか撮影後、元の場所に戻ると、まもなくクモヤが出発。
まるで、撮影が終わるのを待っていてくれたかのようなタイミングで、ちょっと贅沢な気分。
折角なので、今度は流し撮り。
今回はちゃんと動きに合わせられたような手応え。

201601013
篠ノ井線 平瀬信号所

しかし!手振れ補正をONのまま流し撮りをしてしまったため、被写体ブレ。

※K5-iiの手振れ補正は流し撮りに対応しておらず、流す動きをブレと判断してしまうので、逆に被写体ブレをしてしまいます...。(最新のK3-iiから流し撮り対応になりました。)

本年も湘南鉄道倶楽部の部室をよろしくお願いします。

~後日談~
恒例の1/1と1/3のロクヨン四重連単回もロクヨン重連+EH200も設定されなかったようです。
しかし、1/2の夜に上りのロクヨン四重連があったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

甲信エクスプレス

7月の終わりから運転が始まった、甲信エクスプレス。

早朝は雨だったので、人は全然いないだろうと思っていましたが、既に先客が1名。
その後もパラパラと人が集まり、最終的には7名ほど。
189系の人気は大したものです。

20150814
篠ノ井線 坂北→聖高原

シール式のマークかと思っていましたが、ちゃんと幕が用意されていました。

さて、この列車は定着するんでしょうか...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

霜取り電車

ロクヨン四重連が運転されず、残念だった篠ノ井線ですが、その他のお楽しみがあります。
去年も紹介しましたが、クモヤ143を使用した霜取電車。

20150102
篠ノ井線 明科→田沢

形式名こそクモヤとなっていますが、かつての東海道線を走っていた荷物電車を彷彿させるその姿に懐かしい思い出が蘇ります。

こちらも、いつ消えてもおかしくはないので、機会があれば、また撮影したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

初撮り

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年の初撮りは篠ノ井線のEF64四重連を狙いに行きました。しかし、天気予報では荒れ模様というので、無難な駅撮りが出来る明科駅へ。

駅前広場に着くと、他県ナンバーが何台も。しかし、なんとなく盛り上がりに欠けているような雰囲気に嫌な予感。
ホームを見るとEH200の姿。
入場券を購入しホームに入場すると、EH200+EF64×2で停車していました。撮影者は10名前後いましたが、やはり盛り上がりには欠けていました。

ロクヨン四重連に比べると迫力はありませんが、それでも珍しい光景には変わりがないので、まずは後部のロクヨンから。

201501011


今度はブルサン側に廻って...。

201501012

まだまだ、停車時間があったので、連結部を撮影。
まずは、EH200とEF64。

201501013

次にEF64同士を。

201501014

この着雪量が中央東線と西線の違いなのでしょうね。

ロクヨン四重連、もう見る事はできないのでしょうか。
しばらく安泰だと思っていただけに、ホントに残念です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

霜取り電車

篠ノ井線名物はロクヨン四重連以外に、最近ではクモヤ143の霜取り電車が注目されつつあります。

北アルプスバックの走行写真を撮ろうと思いましたが、この日、北アルプスは雲に隠れてしまい背景が面白くなかったので、車両のアップにしてみましたが...。

20140112
篠ノ井線 明科→田沢 AM6:57

う~ん、ただの形式写真になってしまいました。

でも、クモニそのものの姿には懐かしさを覚えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)