« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の10件の記事

2019年1月20日 (日)

EF65 2065 逆光再び

本日はレール輸送を撮ろうと、運転状況を調べていると5086レが大幅遅れでレール輸送の少し前ぐらいに通過することが判明。
代わり映えしないですが、またまた松尾踏切へ。

201901201
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

昨日と同じ釜を同じ逆光での撮影になりました。

ギリギリ影を外していますが、15分後のレール輸送は影落ちしそう。
でも、東京方の線路上には影がありません。
これは移動せねばと、急いで隣の踏切へ。

201901202
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

影は大丈夫でしたが、上り普電が追い上げてきて、実は被り寸前。
良く見ると、最後尾に普電の影が落ちています。

こちらもギリギリセーフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

遅れ5097レ

昨日、川崎重工から大江戸線の甲種輸送が行われたというので、いつもなら関東に午前中に来るスジだろうと、いつもの松尾踏切へ。

しかし、踏切に撮影者はなし。
目撃情報を探すも、全然なし。

そういえば大江戸線甲種は夕方のスジだったかも、と思い出しました。
でも、そのまま帰るのもなぁ、PF貨物でもないかなぁと運用を確認すると5097レが大幅に遅れているとの事。
もしかしたら、そろそろ来るかもと待っていると...。

20190119
東海道本線 茅ヶ崎→平塚

逆光のPF、なかなかカッコいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

干支ロマンスカー2019~その4~

1月5日撮影分の続きです。

御殿場線での撮影後、再び小田急線へ。

たまには違う場所でと目をつけていた場所があったのですが、現地に着くと影落ちが酷かったので、定番ポイントの富水~栢山へ。

昨年はLSE引退もあり混雑してましたが、今年は大丈夫だろうと思いましたが、現地についてビックリ。
既に15名ほど集まるという混雑状態。

まずは、引退が囁かれ始めた8000形。

201901057
小田急電鉄 栢山→富水

そして、お目当てのVSE。

201901058
小田急電鉄 栢山→富水

最後にGSE。

201901059
小田急電鉄 栢山→富水

これで、この日の撮影は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

干支ロマンスカー2019~その3~

1月5日撮影分の続きです。

新松田~開成でのロマンスカー撮影後は、御殿場線に戻ってきました。

移動時間があまりないので、松田駅近くでパチリ。

201901056
御殿場線 松田→東山北

去年と同じ場所ですが、今回は横アングルで。

去年より早い時間なので、太陽はまだ正面に回っていませんでしたが、いい感じに光があたりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

干支ロマンスカー2019~その2~

1月5日撮影分の続きです。

松田駅でふじさんを撮影後、再び小田急線に戻ります。

まずは、グッドデザイン賞マーク付きのGSE

201901053
小田急電鉄 新松田→開成

控えめなGマークですが、この控えめさがまたカッコいい!

その後、朝霧高原様が颯爽とやって来て新年のご挨拶後、そして談笑。
朝霧高原様は違うアングルにするという事で、颯爽と次の場所へ移動されました。

再び、一人静かにMSEをパチリ。

201901054
小田急電鉄 新松田→開成

朝霧高原さんから「見たことある車が来た」という連絡があり、振り返るとレガキチ様がやって来ました。
やはり新年のご挨拶後、しばし談笑。

今度は二人でパチリ。

201901055
小田急電鉄 新松田→開成

この後、再び御殿場線へ移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

寒空の中の東武70000系甲種

今日は新年第一回目の甲種輸送として、東武70000系が運ばれてきました。

真冬の寒さで、僅かな待ち時間でもカメラを構える手が悴みます。

三脚をセットし辛かったので手持ちにしましたが、寒さで手元が狂い...。

20190106
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂

ちょいパン切れにより失敗、あ~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

干支ロマンスカー2019~その1~

今年も新年恒例の干支シールがVSEとMSEに貼られました。

まずは、正面ドカンでVSEを。

201901051
小田急電鉄 開成→新松田

朝霧高原様から「ふじさん2号」にも干支シールがあると聞き、すぐに御殿場線へ転線。

201901052
御殿場線 松田 ※踏切から空いているときに撮影

この後、再び小田急線へと戻りましたが、続きは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

新春恒例EF64四重連単

元旦の撮影の続きです。

撮るか帰るか、ETCゲートを通過しても分岐ギリギリまで悩み、選んだのは稲荷山方面。
新年早々怒られるのは辛いですが、後々まで後悔するのはもっと嫌ですからね。

線路が近づき、見えてきたお立ち台は黒山の人だかり。
どうやら、まだ通過していないようです。

でも、まだ油断はできません。
目の前で通過してしまったらどうしようという焦りを抱え、撮影ポイントへの道を急ぎます。

車を停め、最小限の荷物を持って、お立ち台へ。
最も集まっている所で4段の雛壇。自分はひな壇になっていない一番端を確保。
人数は数えませんでしたが、50人は軽く超えていたでしょうか。
それでもキャパがたっぷりあるので、雰囲気はとても穏やか。

普電を1本見送り、まだ大丈夫と分かったところで、三脚を持ってきてじっくりセッティング。
追っかけ組でしょうか、気が付いたら自分の隣や後ろにも人が集まり、いつの間にかひな壇。

次の普電でアングルを確認。

201901015
篠ノ井線 篠ノ井→稲荷山

しばらくすると、遠くから汽笛が鳴り響き、辺りは静まり返りました。
そして...。

201901013
篠ノ井線 稲荷山→篠ノ井
201901014
篠ノ井線 稲荷山→篠ノ井

新年からドキドキでしたが、無事捕獲。

2011年から狙っている四重連単、今まで好条件で撮れませんでしたが、苦節(!?)8年、やっと晴天の中で撮影ができました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

EF64四重連はどこ?

元旦の撮影の続きです。

稲荷山~篠ノ井間でEF64重連単の撮影後、そのまま四重連単を待ちたいのですが、そうすると帰る約束をした時間に間に合わないので、急いで坂北~聖高原へ移動。

現地に着くと撮影者はゼロ。
違和感を感じながら一人カメラを構え、まもなくやって来た普電をパチリ。

201901012
篠ノ井線 坂北→聖高原

自分のメモの遅スジになっても一向にやって来る気配はなし。
不安になってもう一つ先に有名ポイント、聖高原~冠着へ。
こちらも撮影者ゼロ。

焦りは更に募り、必死に目撃情報を検索すると、姨捨通過の書き込みを発見。
どうやらスジを間違ってメモしてしまったようです。

しかし、どこを何時に通過するかの情報は発見できず。
いまEF64四重連単がどこにいるのだろう...。

今までの経験上、桑ノ原信号場で長い時間の停車があるはず。
それなら稲荷山へ戻っても間に合いそう、しかし間に合わないかもしれない。

しかし、稲荷山へ戻ると家族に戻ると約束した時間に間に合わないし、それでEF64四重連単も撮れなかったら目も当てられない。

本当にどうしよう...新年早々大ピンチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

撮り初めはEF64重連単

あけましておめでとうざいます。

今年の初撮りは例年通り、篠ノ井線名物EF64四重連単狙い。

ここ数年は夜明け前の早朝のスジで運転されていたので、今年も同じスジならば、少し明るさのある場所ということで、稲荷山~篠ノ井へ。

場所取りの三脚は何本かあるものの、人は少な目。
とりあえず、カメラをセットして隣の方に話を伺うと、今日の早朝スジは四重連ではなく重連との事。
南松本にはEF64が4両はいたはずなのにと思い、もう少しお話しを伺うと、重連単のあとの遅スジで四重連単があるという話でした。

日の出直前の重連単は、露出がないので流し撮りで。

201901011
篠ノ井線 稲荷山→篠ノ井

一番止まっているように見えるコマを選びました。
でも、流し撮りとしては高めのSSにしたのに、ピタリを止まっているコマがなく...う~ん、不調。

大本命の4重連単は後日。

今年も更新ペースは遅いと思いますが、引き続き当ブログをよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »