« 8860レ、相変わらず被りやすし~その1~ | トップページ | 出勤途上にニーナ »

2018年4月 9日 (月)

8860レ、相変わらず被りやすし~その2~

鴨宮~国府津で日比谷線甲種を撮影した後は、いつもの通り追っかけ、茅ヶ崎~辻堂へ。

8860レを待つ間、近くの方とマッタリしながらお話しを聞くと、前回の日比谷線甲種の時、鵠沼第二は被られて撃沈とのこと。
他の情報でも平塚駅も被られたとか、相変わらずこのスジは被られ易いようです。

ココはどうだろうと不安な気持ちで待っていると、定刻通りやってきたのは甲種のみ。
特に追っかけてくる普電もなし、背後からの普電もなし。

そして...。

201804072
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂
201804073
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂

この後、普電がやって来るまで、少し時間が空いたので、同じスジなら、ここでは被りの可能性は低いそうです。
でも、8860レって時間が微妙に変わるので、安心とも言い切れないのがなんとも...。

|

« 8860レ、相変わらず被りやすし~その1~ | トップページ | 出勤途上にニーナ »

東海道本線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518148/66640199

この記事へのトラックバック一覧です: 8860レ、相変わらず被りやすし~その2~:

« 8860レ、相変わらず被りやすし~その1~ | トップページ | 出勤途上にニーナ »