« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の7件の記事

2017年1月29日 (日)

東武500系甲種、被り2連チャン

今日は東武500系の甲種輸送2回目という事で、大磯~二宮間へ撮影に行きました。
俯瞰気味に撮影したので、今回は定番のストレートへ。

早めに行きましたが、既に10名近くが集まっていました。

のんびり待っていると、なにやらPFが下って来ました。
「なんだろ?」と思ってみてみると、衣浦臨海鉄道の甲種。

ピントを合わせる時間もなかったので、合焦した「っぽい」ところでパチリ。

201701291
東海道本線 大磯→二宮

やっぱりボケていたので、調整という名のごまかしをしてみました。

その後、時間を追うごとに人が増えて、最終的には20名近くが集まった中、定刻から1時間以上の遅れで、66のライトが遠くに見えました。

「早く来い」と思いながらファインダーを覗いていると、視界に入って来たのは、何故か上り普電。
「66は??」と普電の通過を待っていると、そこには500系の姿が...。
なんと、まさかの並走。現場は重苦しい空気に。

でも、落ち込んでいられないので、直ぐに振り向いてパチリ。
(最初の記事では写真を間違えていましたので、差し替えました...。)

201701292
東海道本線 二宮→平塚

相模貨物での長時間停車を利用して、リベンジに向かいます。
取りあえず、お手軽な松尾踏切へ、

こちらは3名程度と結構空いていました。
難なく場所を確保し、遠路はるばる埼玉からいらっしゃったという方とマッタリとお話ししていると、追っかけ組がやってきて最終的には10名程に。

最初は好天でしたが、徐々に陽が翳ってきました。
それでも被らなければと思いながら待ち続けると、ほぼ定刻に500系を牽引するロクロクの姿が見えました。

今度は大丈夫と安心しながら、少し早めに連写を開始...が!
連写開始とほぼ同時にファインダーにはE231の姿が!!

201701293
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

まさかの2連チャン被り...。
意気消沈して、ケツ打ちを...。

201701294
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

あ~あ、構図もミス。

通過直後に通りかかった方から

「一緒に走っている所を撮りたかったの?」

と質問されましたので、

「いやいや、一緒になっちゃったんです...。(ガク)」

ところが、家に帰って改めて写真を確認すると、最初のショットだけ車両は小さいもののギリギリ被りを回避。
しかも、置きピンでもだいぶ絞っていたため、ピントも大丈夫。
そコマを、トリミングするとこんな感じ。

201701295
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

左がちょっとカツカツだし、パンタの位置も悪いですが、まあ記録できただけでも良しとしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

四季島、東海道貨物線を走る

今日は、583系だけでなく四季島も東海道を駆け抜けるというネタな日。

今回は貨物線を走るというので、いつもの松尾踏切へ。
撮影者は自分を含めて5名と少なめ。

定刻通り四季島はやって来ました。

201701282
東海道本線 茅ヶ崎→平塚

試運転だからでしょうか、かなりゆっくりと通過して行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

583系最後の運用?

ここ最近、net上で多く話題に上がっている583系の引退説。
その中でも、一番多く言われているのが、今回の天理臨が最後になるという話。

やはり最後の雄姿はしっかり捉えたいと、始発に乗って横浜駅へ。
どこの線路を走るか不明だったため、とりあえず下りホームから狙う事にしました。

しかし、列車通過時刻が近づいて、通過列車の案内放送が流れたのは横須賀線ホーム!

大急ぎで横須賀線ホームに移動。
そして、ギリギリで流し撮り...しかし!
手振れ補正をONにしたままという痛恨の設定ミスに、撮影直後に気が付きました。(大泣)

恐る恐る写真を再生してみると、1枚だけブレてはいてもギリギリ許せる写真がありました。

201701281
横須賀線 横浜駅

撮影は失敗してしまいましたが、最後かも知れない雄姿が見れただけでも良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

EX100-Fを増強する

先日購入したEXILIM EX-100F。
購入時の記事に書きましたが、このレンズはOLYMPUS STYLUS 1sと同じレンズ。
そのため、OLYMPUS STYLUS 1s用のテレコン(TCON17X)を装着できます。

テレコンというとf値が1段くらい暗くなるものと思っていましたが、この製品はf値が暗くならないという優れもの。
EX100-Fに装着すると(35mm換算で) 500mm f2.8という夢のようなスペックになります。
一眼でこのスペックを求めると、レンズだけでウン十万と、私には全然手の届かないもの。
しかし、このカメラなら1万円ソコソコとお手軽に楽しめます。

面白そうなのでそのうち購入しようと思っていました。
とりあえず調べてみるとヨドバシ.COMでは販売終了、価格COMでも販売店が出てきません。
しかし、さらに調べてると、Amazonにはまだ新品の在庫があるという事が判り、購入を即決。

201701091


このテレコン単体では装着できないので、アダプタも同時に購入。

201701092


テレコンはポーチ付き。

早速装着してみました。

201701093

こうなるともうコンデジではなく、ネオ一眼や望遠レンズを付けたミラーレスの様です。

これで憧れの超望遠が撮影ができると思うと、非常に楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

念願の干支マーク

もう何年も撮影したいと思い続けていた、ロマンスカーの干支マーク。
いつもタイミングが合わずに撮影できませんでした。
今年こそはと、干支マーク狙いで小田急線へ。

干支マークを強調したかったので、正面ドカンを考えていました。
しかし、本日は快晴で絶好の富士山撮影日和。
ここは富士山とともに撮影するしかないと、川音川の鉄橋へ。

すると、普段はVSEの「スーパーはこね」がLSEの代走でやって来ました。

201701071
小田急電鉄 渋沢→新松田

そして、何本かEXEが通過したあとにやって来たVSEには...。

201701072
小田急電鉄 新松田→渋沢

念願の干支マーク付き!

逆光になり始めたので、ここでの撮影はこれで切り上げ。

この後は所用を済ませ、再び小田急線に行こうと思いましたが、ひょっとして「あさぎり」のMSEに干支マーク付きが入りそうな気がしたので、松田~東山北へ。
すると、どこかで見た事ある車が停まっているなぁと思ったら、朝霧高原さんを発見。

マッタリとお話ししていると定刻通りMSEの姿が見えました。

201701073_2
御殿場線 松田→東山北

こちらも干支マーク付き!
朝霧高原さんと「ほんと良かったねぇ~。」となり、撮影はこれで終了。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

EX-100Fで鉄道試し撮り

今日はある検査で通院のため会社をお休み。

検査は午前中で終了したので、午後は年末購入した EXILIM EX-100F の試し撮り。
まずはお馴染みの松尾踏切で鉄道撮影の実戦投入。

昨年のイルミネーション以来撮影していなかったので、色々いじってみましたが、そうこうしているうちに桃がやって来ました。

シャッター速度優先(1/800)に設定して、後はカメラ任せ。
撮影方法はファインダーがないので普通のコンデジやスマホの様に腕を伸ばしてのディスプレイを見ながらパチリ。

201701061
東海道本線 茅ヶ崎→平塚

リサイズのみの撮って出しです。
ペンタとは色合いが違いますが、等倍で見てもピントはバッチり、露出も問題なし。
(アンシャープマスクもかけていないので、ちょっとぼやけて見えますが、合焦しています。)
これがコンデジとは、凄すぎます。

次は今年初運転の3075レ

201701062
東海道本線 茅ヶ崎→平塚

今度は多少アンダーになってしまったので、露出と色合いをちょっと修正。
縦横比もK5iiに近い比率にしてみました。

...被写体深度が深い以外、K5iiに遜色ないです。

最後にEF66-100番台を...。

201701063
東海道本線 茅ヶ崎→平塚

ちょっと切り遅れたかと思いましたが、ギリギリフレームイン。

流石に、操作性や色合いはK5iiには叶いませんが、レスポンスや画質はあまり見劣りしません。

このカメラ、想像以上に通勤の心強い味方になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

今年も霜取電車

今年は久しぶりにロクヨンの四重連が運転されるという話を聞き、定刻では長時間停車のある明科駅へ行きました。

早朝のため、まだ改札に電気が付いていなかたので、車の中で少し待っていると目の前をロクヨンが...。
明科駅に停車することもなく、通過してしまいました。

かなり意気消沈しましたが、別の機会に運を取っておくんだと無理に開き直り、初撮りは昨年同様の霜取電車に変更。

こちらは定刻通りにやって来ました。

20170101
篠ノ井線 田沢→平瀬信号所

気が早すぎますが、来年もロクヨン四重連が運行される事を祈るばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »