« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の10件の記事

2016年12月31日 (土)

2016年を振り返る~その3~

2016年の振り返りのラストです。

10月
JR四国の12系と14系が東武鉄道に譲渡される

201609301
高崎線 大宮/td>

山北鉄道公園にあるD52が動体復活

201610152
山北鉄道公園

11月
ホリデー快速湘南、初設定。

20161120
東海道本線 辻堂→茅ケ崎

12月
EF81+12系で「懐かしの急行列車で行く 東京おとな旅」運転される

201612031
東北本線 赤羽→尾久

東武鉄道新型特急「リバティ」現る。

201612042
東海道本線 二宮→大磯

横浜市交通局3000V形登場

201612182
高島・根岸線 東高島→根岸

今年は後半に色々とありましたね。

さて、来年はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

2016年を振り返る~その2~

2016年を続けて振り返ります。

6月。

ELレトロ福島号運転

201606042
東海道本線 横浜

7月
カシペアクルーズ多数設定。

201607022
高崎線 岡部→本庄


EF65 2139号機が原色に。

201607302
東海道本線 平塚→茅ケ崎

8月
「ニューなのはな」さよなら運転で東海道線に入線。

201607303
東海道本線 早川→根府川

9月
カシオペア中央本線初入線。

201609101
中央本線 上野原


大雄山線に旧色車登場し、東海道を下る。

20160922
東海道本線 大磯

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

2016年を振り返る~その1~

2016年をさっっと振り返ってみます。

3月。

今年も健在、583系伊東臨

20160308
横須賀線 東戸塚

ばんえつものがたり編成がリニューアル後、j初の東海道入線

201603132
東海道本線 平塚→茅ケ崎

カシオペア、定期特急運用終了。

201603211
東北本線 赤羽→尾久


JR東日本のEF510、全機JR貨物へ。

201602032
高崎線 北上尾

4月

今年のニコニコ超会議号は583系

20160429
東海道本線 二宮→大磯

5月

485系国鉄色、Y157で最後の東海道入線。

201605282
東海道本線 大磯→二宮

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

EX-100F試し撮り

先日購入した、EXILIM EX-100Fを「東京ミチテラス2016」で試し撮り。

いきなりハードルの高い夜景なので、プレミアムオートで撮影してみます。

ババババッと凄い勢いでシャッターが切れました。

201612261

201612262

低ISOの高速連写合成撮影になり、ノイズはほとんど判りません。
全体的な画質は、等倍で見てしまうと、さすがに一眼に敵いません。
でも、普通にパソコン画面で見るには充分な画質です。

電球色のイルミネーションは....。

201612263

ちょっとAFのピントが怪しい、色も違う。
そこで、MFでピント合わせ、WBは電球色でリトライ。

201612264

そうそう、こんな感じ。
見た感じの雰囲気が、ほぼ表現できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

コンデジ購入

以前からマニュアル設定ができるコンデジが欲しいとなんとなく思っていました。
先日の12系14系甲種の撮影が上手くできなかったことで、その気持ちに火が付いて本格的にコンデジを調べ始めました。

まず気になったのは、sonyのRX100。
コンデジとは思えない画質、比較的リーズナブルが価格、そして秀逸なデザイン。
でも、望遠が....動作が...。

次に気になったのが、lumixのTZ85
凄い高倍率に機敏な動作、そして機能が盛り沢山。
でも、作りが....。画質が....。

最後に行きついたのがEXILIM EX-100F
明るいレンズに、そこそこの高倍率、機敏な動作。
でも、CASIOってカメラより時計のイメージが...サイズもちょっと大きい..。

この三台で悩みに悩みました。

いままで必死に貯めた某量販店のポイントを使って、購入したのは...。

憧れのサンニッパ(35mm換算で、ですが)レンズのEX100Fです。

今まで使っていたコンデジと並べて撮影。

20161225

やはりちょと大きいです。

実はこのカメラ、評判の高かったOLYMPUS STYLUS 1sと同じレンズとセンサーなので写りに期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

横浜市交通局3000V形甲種輸送

昨日8862レで神奈川までやって来た、横浜市交通局3000V形。

日の短いこの時期、8862レを神奈川県内で撮影するのは中々厳しい条件なので、新鶴見から根岸へ向かう9983レを狙います。

朝早いのでそれほど混まないのではと思いましたが、念のため踏み台だけ持参して、お手軽ポイントの高島線水際公園に行くと、軽く50人を超える人だかり。
念のためと持参した踏み台のお蔭で、なんとか撮影場所を確保。

その後も人は増え続け、80名以上集まったのではないでしょうか。

朝日を浴びて9983レはやって来ました。

201612181
高島・根岸線 東高島→根岸

ちょっと判り難いかもしれませんが、右側にはいい感じに鳥の飛んでいる姿が。

そして、後追い

201612046
高島・根岸線 東高島→根岸

これにて撮影終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

久しぶりのニーナ

12/4の撮影の続きです。

リバティの甲種輸送後、家でのんびりしながら貨物をチェックしているとEF66 27が上京してくるとの事。
軽く準備をしていつもの松尾踏切へ。

もう少し貨物を確認してみると、朝のロクヨン貨物が遅れで間もなく現れる様子。

定刻より5時間ほど遅れてやって来ました。

201612045
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

約10分後。

201612046
東海道本線 平塚→二宮

こちらは定刻通り。

先日の故障の復帰後、初の撮影となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

遅れ貨物

12/4の撮影の続きです。

リバティの甲種輸送の遅れは中部地方での人身事故が原因でした。
そのため、他の貨物も軒並み遅れてきました。

まずはフクツーの54レ

201612043
東海道本線 二宮→大磯

それからPF牽引の5086レ。

201612044
東海道本線 二宮→大磯

遅れで追っかけ出来なかったのは残念でしたが、想定外のものが撮影できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

東武新型特急車両500系「リバティ」甲種輸送

今日は今年最後の大ネタ(と自分では思っている)、東武の新型車両「リバティ」の甲種輸送の日。

定刻なら追っかけしやすい二宮~大磯の、大磯寄りの定番撮影地に行きました。
混雑ということはありませんでしたが、既にめぼしい場所は埋まっていたので、いつもの二宮寄りへ移動。

こちらは離れた場所に2名だけだったので、難なく場所を確保したものの、線路には沢山の影が落ちていてマダラは必至。
でも、移動する時間もあまりないため、そのまま待ちました。
しかし、定刻を過ぎても一向に現れる気配はなし。
そこで、情報を確認してみると、かなり遅れている模様。

しばし待っていると、テンコちょさんから根府川通過の一報が入りました。

線路に落ちていた影も大分無くなって来たころ、二宮駅に入線する普電と貨物のライトが...。
ちょっとヤバいと思っていると、後ろからも下りの普電が。

まずは、下り普電が通過。

その後、先に見えてきたのは甲種。

そして...。

201612041
東海道本線 二宮→大磯

甲種では肝心な、過ぎ去る姿も。

201612042
東海道本線 二宮→大磯

もしかしたら、追っかけ出来るかもと思って、自分も(安全運転で)上っていきました。

相模貨物で、リバティ発見...と思ったら、ちょうど動き出して万事休す。

まぁ、マダラにならずに撮影できただけでも良かったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

懐かしの急行列車で行く 東京おとな旅

今日はEF81+12系で「懐かしの急行列車で行く 東京おとな旅」が運転されるというので、撮影に行ってきました。

最初ヒガハスへと思ったのですが、家の用事を済ませていたら、時間がなくなってしまったので、お手軽なヒガジュウへ。

通過の1時間ほど前に現着でしたが、まだまだポジションには余裕があり、難なく場所を確保。

普電で何度もアングルを微調整、そして本番。

201612031
東北本線 赤羽→尾久(東十条)

過ぎ去る姿も。

201612032
東北本線 赤羽→尾久(東十条)

二昔前だったら何でもない列車でしたが、今では大注目の客車列車になりました。

時代を感じるなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »