« 旅のプレゼント号&ブルトレ親子体験号 | トップページ | 青空の下を行く »

2012年10月14日 (日)

ブルトレ親子体験号~その2~

昨日撮影分の続きです。

松尾で撮影した後は、茅ヶ崎~辻堂間へ先回り。
次の撮影ポイントも、先客は6名程度でマッタリしていたので、難無く場所を確保。

しばらくすると、追っかけ組みが次々にやって来て、10名以上になりました。
出発時刻になった時、下り列車がやって来ました。
下り列車が通過して視界が開けると、丁度ブルトレが出発した所でした。

まずは、上り貨物線から下り貨物線へと転線する所を撮影。

201210141
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂

そして、下り貨物線から上り旅客線へ転線します。

201210142
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂

松尾ではPトップが順光でしたが、こちらではPFが順光になりました。

201210143
東海道本線 平塚→茅ヶ崎

客車もPFもピカピカの正統派ブルトレの姿はとても美しい!

この姿、4年前に廃止されてしまった寝台急行「銀河」を彷彿させますね。

この編成のまま夜には「出羽」として出発しますが、激パが怖いので撮影は止めておきました。

~おまけ~
1年ぶりに私の投稿した写真が某誌に採用されました。
前回に比べ非常に小さいですが、雑誌に採用されるのは、とても嬉しいですね。

|

« 旅のプレゼント号&ブルトレ親子体験号 | トップページ | 青空の下を行く »

東海道本線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

朝霧高原さん>
コメントありがとうございます。

24系は凄く綺麗で、末期の富士ぶさの14系とは大違いでした。
それにPトップやPFが現役の頃は、カマ自体もいつも汚れていたような記憶があります。
今回の方が、現役時代より綺麗なんじゃないかと...。

投稿: masaTARO | 2012年10月16日 (火) 23時45分

 ブルトレもロクゴーも古いはずですがきれいですね。大事に使ってもらっているのが伺えました。自分は出動できませんでしたが、ここまで見せてもらえれば十分お腹いっぱいです。ありがとうございました。あと写真見に、本屋行ってみますね。

投稿: 朝霧高原 | 2012年10月15日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518148/55889443

この記事へのトラックバック一覧です: ブルトレ親子体験号~その2~:

« 旅のプレゼント号&ブルトレ親子体験号 | トップページ | 青空の下を行く »