« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の5件の記事

2011年5月25日 (水)

変わりゆく東京駅~その2~

以前、東京駅のリニューアル工事の様子をお伝えしましたが、今回は、その後の丸の内口の進捗状況を少しだけ。

工事完了はまだ先ですが、特徴的なドーム型の屋根が見えてきました。

20110525_2
東京駅

ごく一部なのに、なんとも魅力的な形状で、イラストで見るより格段にすばらしい!

完成がとても楽しみです。

▼ランキングに参加しています。 クリックしていただけると幸いです。
鉄道コム
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

5086レに1041

昨日に引き続き5086レの撮影に行きました。

今日はズーム流しで撮影しようと、昨日と同様、馬入橋へと向かいました。

今日は撮影者が多く「あれ?」と思いましたが、予定通り流し撮り用にでセッティング。

そして定刻になると...「ん?...原色...んん??...プレートが赤じゃない???...1041だぁ~!!
(私には)まさかの1041の登場にビックリ!

確実に撮れる様にシャッター速度を上げようかとも思いましたが、初心貫徹、ウォーーーリャーーーッと流し撮り&ズーム流し!!

20110522
東海道線 平塚→茅ヶ崎

う~ん...65点

▼ランキングに参加しています。 クリックしていただけると幸いです。
鉄道コム
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

PF牽引貨物

今更ですが...。

しばらくの間、東海道線東京口を日中に定期で走るPF貨物はありませんでした。
しかし、今年3月のダイヤ改正で5086レがPF牽引となりました。

この列車は相模貨物をAM6:55に通過するので、撮影にはちょうど良い列車です。
実は先週も集約臨の前に撮影したのですが、今日も撮影してきました。

20110521
東海道線 平塚→茅ヶ崎

でも、この列車は平塚~辻堂あたりまで普電と被る可能性が高く、この写真も背後を普電が走っています。

そのため、この列車の撮影には若干の注意が必要になります。

▼ランキングに参加しています。 クリックしていただけると幸いです。
鉄道コム
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

集約臨

今年も修学旅行の時期がやって来ました!

昨年の秋に集約臨を撮影にした時は、残念ながら回送字幕でした。
今回は、去年の教訓を生かして出発地点をしっかり確認し、「修学旅行」字幕を狙いました。

今日は快晴で空気が澄んでいたので、この時期にしては珍しく富士山が綺麗に見えていました。
この天候を生かすべく、富士山が見える十間坂で撮影しました。

20110515_2
東海道線 平塚→茅ヶ崎


う~ん、富士山がカツカツ...。

久しぶりに手持ちで撮影したら、思っていた構図より下になってしまいました。

やっぱり、手持ちは難しいなぁ。

▼ランキングに参加しています。 クリックしていただけると幸いです。
鉄道コム
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

掃除機を修理

今年のGWは、諸事情により非鉄となりました...。

まっ、それはそれとして今回は初の修理ネタで。

購入して2年ほどしか経っていない掃除機のパワーヘッド(吸い込み口のゴミ取り機構)が機能しなくなりました。
掃除機には延長保証が付いていたので、購入店へ問い合わせたところ、本体のみの保証で付属品は保証が効かないとの事...。

修理には数千円~一万円は掛かるというので、自分で故障箇所の調査をしました。

すると、案外簡単に故障箇所を発見!

201105081

手元スイッチとヘッドを繋ぐホースの断線が原因でした。
実は、この前に使っていた掃除機もメーカーが違うにも関わらす、同じような箇所が断線しました。
これは各社共通の弱点かもしれません。

前の掃除機では、このホースを2千円程で購入したのですが、、今回はだめもとで修理することにしました。

そこで、ホームセンターに行って半田ごてセット(半田ごて、こて台、ハンダ、ハンダ吸収線)を\1,340程で購入。
二十数年ぶりにハンダ付けに挑戦!
結果...。

201105082

あっという間に接着し、ヘッドのゴミ取り機構も復活。

いとも簡単に直りましたが、この修理では掃除機の使用中に接着部分が加熱するリスクがあります。
そのため、この修理方法は決してお勧めしません。

この事例はあくまでも故障の参考事例ということで...。

自信がない場合は、ホースの購入をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »