« 寝台特急「はやぶさ号」乗車記~その9~ | トップページ | SL信越120周年1号 »

2008年11月30日 (日)

寝台特急「はやぶさ号」乗車記~その10~完結編

200810081 大変お待たせしました、今回でやっと完結です。
ますは終着駅へ向かう編成の紹介 牽引機はED76 94号機
かなり綺麗な状態です。

200810082 1号車
解放B寝台
スハネフ15 20

200810083 2号車
A寝台
オロネ15 3005
妻と息子が乗車しました。

200810084 3号車
個室B寝台ソロ
オハネ15 2005
私が乗車しました。

200810085 4号車
解放B寝台
オハネ15 1246

200810086 5号車
解放B寝台
オハネ15 1201

200810087 6号車
解放B寝台
スハネフ14 5

博多では2時間以上の遅れとなった「はやぶさ号」ですが、今までの遅れを取り戻すべくグングン速度をあげて特急らしい走りをしました。
その走りに「客車でもこんなに速く走れるんだ」と関心してしまいました。

200810088 そして1時間50分程の遅れで終点の熊本駅に到着しました。
...あともう少し遅ければ払い戻しだったのに...。
この日は博多に宿をとったので、「はやぶさ」到着予定時刻の約2時間後の「リレーつばめ」の指定券を購入していりました。
そのため熊本到着後まもなく列車が入線してきたので熊本見物する時間もなく折り返す事になりました...。無念
でも、その分長くブルートレインに乗車できたんだし、その後の予定もそれほど狂わずにすんだのでこれはこれでよかっだのでしょう。

噂どおり、客車はボロかったですが楽しく快適に過ごせたので、このブルートレインの良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと強く思ったブルトレ旅行でした。

|

« 寝台特急「はやぶさ号」乗車記~その9~ | トップページ | SL信越120周年1号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

富士・はやぶさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「はやぶさ号」乗車記~その10~完結編:

« 寝台特急「はやぶさ号」乗車記~その9~ | トップページ | SL信越120周年1号 »