2019年11月27日 (水)

さようなら、シキ800

201911272
東海道本線 平塚駅
 
今秋で引退することとなったシキ800。
京都鉄道博物館での展示を終え、宇都宮への帰路を平塚でパチリ。
シキも目玉ですが、この牽引機となったのが、EF66 27。
 
201911271
東海道本線 平塚駅
 

今日は11月27日、いいニーナの日にニーナネタ、JR貨物は粋ですね。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

リベンジ!さわやかウォーキング号~その2~

201911232
御殿場線 山北→谷峨
 
さわやかウォーキング号の復路はHMが良く見えるように、正面がちに。
過ぎ去る列車の乗客は数名...。
少なくて寂しいなぁと思ったら、「さわやかウォーキング」自体は中止になってしまったそうで。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

リベンジ!さわやかウォーキング号~その1~

201911231
御殿場線 谷峨→山北
 
前回は白幕でガッカリだった「さわやかウォーキング号」
今度は山北までの本運転を紅葉をバックにパチリ。
HMはバッチリですが、今年の紅葉の色づきは昨年同様イマイチです。

| | コメント (2)

2019年11月10日 (日)

日比谷線13000系甲種輸送を富士山バックで

20191110
東海道本線 茅ヶ崎→辻堂
 
久しぶりに雲一つない快晴となった週末、クッキリ見える富士山バックで。
 
今年はまだ冠雪が少ないですね。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

秋の夜長の甲種輸送~小田急新5000系登場~その5

201911035
小田急電鉄 新松田駅
 
新5000形を新松田駅に送り届けたPFは再び御殿場線へと戻っていきます。
多くの撮影者に見送られる姿をパチリ、としてみました。
 
夜の撮影、ハードルが高い分面白いですね。
闇鉄にハマる気持ちが分かります。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

秋の夜長の甲種輸送~小田急新5000系登場~その4

201911034
小田急電鉄 新松田駅
 
新松田駅にPFが停車している姿を狙って、踏切からカメラを構えますが、先日の3000形の甲種輸送時よりもずっと奥に停車してしまいました。
今度は画角が全然足らず、かなりトリミング。
またしても5000形の車体が見えません。残念。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

秋の夜長の甲種輸送~小田急新5000系登場~その3

201911033
小田急電鉄 渋沢→新松田
  
松田駅から連絡線を通って、小田急線に押し込まれてきた新5000形。
踏切脇で待っていた目の前で一旦停車。
絶好のチャンスでしたが、ちょっと画角が狭かった...。 

| | コメント (2)

2019年11月 4日 (月)

秋の夜長の甲種輸送~小田急新5000形登場~その2

201911032
御殿場線 松田駅
 
谷峨駅での撮影後は松田駅へ。
撮影スポットの踏切は深夜にもかかわらず、撮影者だらけ。
なんとか隙間を見つけるも、最後尾まで光が廻らず、肉眼でもライブビューでも車体正面は真っ黒。
思いっきり絞って被写体深度を深くして全部にピントが合うようにして、長秒撮影。
さらにPCでシャドーを上げでやっと正面が浮かび上がりました。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

秋の夜長の甲種輸送~小田急新5000形登場~その1

201911031
御殿場線 谷峨駅
 
小田急の新5000形が甲種輸送されてきました。
 
御殿場線を走っている姿を撮りたくて、谷峨駅に行ってみました。
ホームの明かりを頼りに流し撮り。
ソコソコ明るく写っていますが、見た目はずっと暗くてまさしく闇鉄。
感度アゲアゲでザラザラになってしまいましたが、なんとか撮影できました。
でも、肝心の5000形は全然見えません。

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

日比谷線13000系甲種輸送~EF66 100番台牽引~

201910271
東海道本線 平塚→茅ヶ崎
 
今回の日比谷線13000系甲種輸送はEF66 100番台の牽引。
天気があまり良くないので、お手軽な松尾踏切へ。
いつもは手前まで引き寄せて撮影していますが、今回は圧縮構図にしてみました。
 
ネタものがあるときは誰かしらいる松尾ですが、今回は同業者ゼロ。
いつも通り後追いも。
 
201910272
東海道本線 平塚→茅ヶ崎
 
なんか朝焼けのような不思議な感じ...。

| | コメント (0)

«11月30日相鉄・JR相互直通へ!7000系・12000系撮影会in相模大塚